知ってること伝えたい☆楽しいこと聞きたいな、という思いで未知の世界にはばたきます。


by ko_konuts-marry
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2007年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ティータイム

お茶してきました~。
まず、横浜みなとみらいの【アット!】1st 2階の
LE SALON DE NINA’S店内に入ると、赤と黒の紅茶の缶がお出迎え!紅茶の香りが漂ってきます。
かわいいティーセットに思わず微笑みかけたくなっちゃいます。
f0065665_7511194.jpg


次は東京ミッドタウンの中の「patisserie Sadaharu AOKI paris
パティシェ青木定冶氏のスイーツが楽しめるお店です。
南部鉄のティーポット、洋風の中に和のテイスト。趣があります。
f0065665_814375.jpg
[PR]
by ko_konuts-marry | 2007-06-25 07:45 | 楽しい気分
6月18日は
こなつの10回目の誕生日。
東京ミッドタウンの「dogdays」で、祝いの品選びをしました。
ここはセレブなワンちゃんたちのトリミングやホテル、クリニックもあるんです。
バースディケーキは3日前までに予約がいるので諦めて、
プティケーキと骨型のスイートポテトを買ってきました。
f0065665_7472719.jpg

プレゼントはオレンジ色のランチョンマット
・・・・・・こなつが喜ぶかどうかは分からないですね。
結局彼女が喜ぶのは3度の食事(1日1回です)よりも大好きなお3時なので、本物志向ものを買ってきました。
それが、この「ドットわん カツオ薫りジャーキー」焼津産のカツオをカツオ職人が厳選して作られた最高品質のものだそうです。
それと国産薩摩地鶏使用の「ささみジャーキー」
どちらもとっても美味しそうです。
f0065665_7491435.jpg

[PR]
by ko_konuts-marry | 2007-06-23 07:15 | お気に入り

横浜

日本一高いビル、横浜のランドマークタワーの最上階69回のスカイガーデンに行きました。
曇り空で、見晴らしが良いとは言えませんでしたが、まずまず・・。
西の方に目をやると、東京のビル群がところ狭しと立ち並んでいる様子が見えて、海とビルそして所々に見える緑に思わず、「都会って素敵!」って思いました。
別の角度からは、野毛山公園や神社のように高さの低い景色が見え、それも「素敵!!」。
要するに高いところからの景色は大好きなのです^^;
f0065665_6591680.jpg


日本最速のエレベーターで地下に行き、セット料金’2000円)になっているレストランで食事もしました。
プリップリの海老が入ったエビピラフをいただきま~す。
f0065665_7104156.jpgf0065665_7111998.jpg
[PR]
by ko_konuts-marry | 2007-06-21 22:12 | 楽しい気分

サンプル百貨店

f0065665_7184455.jpg
サンプル百貨店のRSPに行ってきました。
今回は2万人の中から選ばれた6百人のうちの1人とか?(ラッキー!)
会場(パシフィコ横浜)が広く、以前と違って劇場型の席だったせいか、窮屈な感じがしないで、
ゆったりと座って説明を受けることができました。
渡辺明日香さんと飯島敦代さんの
切れの良いトークと座席上の袋いっぱいの商品が私たちを迎えてくれました。

今回は「美容と健康」に関することがテーマです。
身体の中からそして外から、健康で美しくありたいものですね。
♪♪9kgの中味は充実していま~す♪♪
f0065665_7244454.jpg

[PR]
by ko_konuts-marry | 2007-06-21 07:27 | お気に入り

初めてのレセプション

f0065665_7383654.jpg

国立新美術館
で6月6日から開催されている
スキン+ボーンズ 1980年以降の建築とファッション
の内覧会&レセプションに行ってきました。
林田国立新美術館長の挨拶やロサンゼルス現代美術館の挨拶の後、ゆっくり内覧してきました。建築家の伊東豊雄氏もいらしていました。
・建築とファッションは人類の誕生以来人間の体を守るシェルターとしての本質を共有している。
・1980年代以降、多くの前衛的なファッション・デザイナーが衣服を建築的な構造物としてアプローチしてきた一方、建築においても新しい材料が大胆に取り入れられてきた・・・といったことから二つのを分野を一緒に展示する運びになったようです。

確かに共通する点が建築にもファッションにもあることはわかりましたが、
ファッションは実物の作品を展示することはできても、建築物は写真と、広い展示場の中に小さな模型の展示だけでは、その迫力には欠けているなと思いました。

「内覧した後はお飲み物を用意しています」
と言われ、サロン・ド・テ ロンド に足を運ぶと、
待っていたのは「モエ・エ・シャンドン」!!!!
もう感激!引き込まれるように入っていって、おいしいオードブルと一緒にいただいてきました^^!)


f0065665_740372.jpg
帰ってきてから図録をみると、建築物の壮大さや細部にわたる建築家の思いなど、感じ取ることができてよかったです。

f0065665_744320.jpg

《MIKIMOTO GINNZA》伊藤氏の作品とエレネ・マンフェルディーニ(イタリア)のデザイン
[PR]
by ko_konuts-marry | 2007-06-06 06:05