知ってること伝えたい☆楽しいこと聞きたいな、という思いで未知の世界にはばたきます。


by ko_konuts-marry
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

初めてのレセプション

f0065665_7383654.jpg

国立新美術館
で6月6日から開催されている
スキン+ボーンズ 1980年以降の建築とファッション
の内覧会&レセプションに行ってきました。
林田国立新美術館長の挨拶やロサンゼルス現代美術館の挨拶の後、ゆっくり内覧してきました。建築家の伊東豊雄氏もいらしていました。
・建築とファッションは人類の誕生以来人間の体を守るシェルターとしての本質を共有している。
・1980年代以降、多くの前衛的なファッション・デザイナーが衣服を建築的な構造物としてアプローチしてきた一方、建築においても新しい材料が大胆に取り入れられてきた・・・といったことから二つのを分野を一緒に展示する運びになったようです。

確かに共通する点が建築にもファッションにもあることはわかりましたが、
ファッションは実物の作品を展示することはできても、建築物は写真と、広い展示場の中に小さな模型の展示だけでは、その迫力には欠けているなと思いました。

「内覧した後はお飲み物を用意しています」
と言われ、サロン・ド・テ ロンド に足を運ぶと、
待っていたのは「モエ・エ・シャンドン」!!!!
もう感激!引き込まれるように入っていって、おいしいオードブルと一緒にいただいてきました^^!)


f0065665_740372.jpg
帰ってきてから図録をみると、建築物の壮大さや細部にわたる建築家の思いなど、感じ取ることができてよかったです。

f0065665_744320.jpg

《MIKIMOTO GINNZA》伊藤氏の作品とエレネ・マンフェルディーニ(イタリア)のデザイン
[PR]
by ko_konuts-marry | 2007-06-06 06:05